• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【世界史】 切り取り過去問029

世界史 切り取り過去問

問題

封建制社会は,封建制度を根幹としている社会である。そしてこの封建制度には,狭広2つの定義がある。 まず狭義においては,支配層間の( 1 )を媒介とする主従関係,いわゆるレーン制である。これは,古代ローマ末期に形成された,土地を一定期間貸し与える制度である( 2 )制と,古ゲルマン社会に起源をもつ,自由人相互間の私的な主従関係である( 3 )制が,メロヴィング朝末期ごろまでに結合して成立したものである。 一方広義においては,社会の基礎構造をなす( 4 )と農民間の支配と従属関係である( 5 )制に力点がおかれ,さらにその上部構造である支配層間の主従関係も含めて規定されている。したがって( 4 )とは( 5 )所有者の総称であり,その( 4 )が( 6 )を保持している場合は,経済的のみならず政治的な支配単位となった。 ( 5 )の中でも,農民の( 7 )で維持される直営地経営と,貢納による農民保有地経営から成る形態を,一般的に( 8 )と呼んでいる。 問:文中の空欄(1~8)に最も適する語句を,次の中から1つずつ選び,その記号をマークしなさい。 a.荘 園    b.領 主     c.諸 侯     d.不輸不入権 e.恩貸地    f.古典荘園 g.地 代     h.従 士 i.封 土    j.賦 役     k.地代荘園 l.領主裁判権

《神奈川大学》

答え

答えを見る

タグ