• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【世界史】 切り取り過去問024

世界史 切り取り過去問

問題

身分制議会が近代議会に転換していくのは,ピューリタン革命と名誉革命を経過することによってであった。専制政治をおこなってきた( 1 )は,スコットランドの反乱を鎮圧する戦費の調達のため,やむなく1640年に二回にわたって議会(短期議会と長期議会)を召集したが,議会は王の悪政を激しく攻撃し,王はこれを武力さ押さえようとしたため,ついに内戦が始まった。議会派に勝利をもたらしたのは(2)オリヴァ=クロムウェルで,彼は王を処刑し,独裁的な共和政をうちたてた。1660年の王政復古は議会の復活をも意味したが,復活した議会は次第に国政に対する発言力を強めていった。1673年の(3)審査法,1679年の人身保護法などの制定はその例証といえよう。 (1) 空欄( 1 )に該当するイギリス国王を,次の1~4の中から一つ選び,記入せよ。 1.ジェームズ1世 2.ヘンリー8世 3.チャールズ1世 4.ウィリアム3世 (2) 下線部(2)の出身階層を,次の1~4の中から一つ選び,記入せよ。 1.貴 族 2.貿易商人 3.ヨーマン 4.ジェントリ (3) 下線部(3)の内容に該当するものを,次の1~4の中から一つ選び,記入せよ。 1.カトリック教徒は国外に追放する。 2.国教徒だけが官吏と国会議員になれる。 3.ユダヤ教徒は特定地域に住まなければならない。 4.ピューリタンはアメリカに移住させる。

《日本大学》

答え

答えを見る

タグ