• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【世界史】 切り取り過去問017

世界史 切り取り過去問

問題

第二次世界大戦後のアメリカ合衆国に関する以下の設問について、選択肢の中から答えとして正しいものを選び、その番号を指定欄にマークしなさい。 (1)1947年に発表されたトルーマン・ドクトリンはギリシアとトルコの軍事・経済援助を内容とするが、この援助は何のために行われたのか。 1 トルコとギリシアの間の緊張を和らげるため。 2 アメリカ国内の金余りを解消するため。 3 ゲリラによる文化遺産の破壊を防ぐため。 4 ギリシアとトルコの共産化を阻むため。 (2)朝鮮戦争時に中国本土への爆撃などを主張してトルーマン大統領と対立し連合国軍最高司令官を解任されたのは誰か。 1 チャイルド 2 アイゼンハウアー 3 マッカーサー 4 ウィルソン (3)大戦直後に国民の意識が保守化し不寛容になるなかで、非米活動委員会は左翼やリベラル派に対して激しい追求と批判を行った。そのような追求と批判は何と呼ばれるか。 1 マッカーシズム 2 ニュー・クリティシズム 3 逆コース 4 スターリニズム

《東京理科大学》

答え

答えを見る

タグ