• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【世界史】 切り取り過去問013

世界史 切り取り過去問

問題

唐は,服属した諸民族に対しては、都護府をおいて覊縻政策をとり、周辺の諸民族国家に対しては朝貢を課した。その結果、唐を中心とする東アジア世界が形成され、律令にもとづく政治体制が周辺諸国に広まった。北方では、東突厥・ウイグル、東北では渤海、東では新羅と日本、西方ではチベットの( ア )や雲南の( イ )などが、唐の制度や文物を取り入れた。また、南方では、ベトナム中部の( ウ )やスマトラのシュリーヴィジャヤなどの国々も唐に朝貢した。しかし、唐は( エ )年西トルキスタンのタラス河畔で、( オ )朝の軍とたたかって大敗し、その勢力は西方から後退した。

空欄( ア )~( オ )について、最も適当な語句を以下の語群から選び、記号をマークせよ。

(ア) (a)西夏 (b)于闐 (c)吐蕃 (d)青海

(イ) (a)南越 (b)身毒 (c)大理 (d)南詔

(ウ) (a)アンコール (b)扶南 (c)大越 (d)チャンパー

(エ) (a)751 (b)755 (c)875 (d)907

(オ) (a)ウマイヤ (b)アッバース (c)セルジューク (d)マムルーク

《青山学院大学》

答え

答えを見る

タグ