• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【日本史】 切り取り過去問197

切り取り過去問 日本史

問題

 

(1)足尾鉱毒事件に関係する説明として誤っているものはどれか。次のA~Dのうちから一つ選べ。

A この事件は古河市兵衛が創業・経営していた足尾銅山において,銅の精錬過程で出された鉱毒が渡良瀬川流域の住民に被害を与えたものである。
B この事件の解決に当たった者のなかに栃木県内に選挙区を持つ衆議院議員田中正造がおり,彼は問題の解決を目指して,議員辞職したうえで1901年に天皇に直訴した。
C 政府は栃木県内の谷中村を廃村とし,そこを遊水池とすることでこの問題を解決しようとしたが,遊水池は十分には機能しなかった。
D この問題の解決に積極的にかかわった政党に,片山潜や安部磯雄らが創設した社会民主党があった。

 

(2)社会主義者・共産主義者に関する説明として正しいものはどれか。次のA~Dのうちから一つ選べ。

A 木下尚江は日露戦争に反対したが,大逆事件で幸徳秋水とともに刑死させられた。
B 堺利彦は『平民新聞』で反戦論を展開したあとは無産政党運動に関与し,第二次世界大戦後には日本社会党設立に尽力した。
C 大杉栄は無政府主義者であり,直接行動論を唱え,伊藤野枝とともに関東大震災に伴う混乱のなかで殺害された。
D 山川均は妻の菊栄とともに女性解放運動にかかわったが,メーデー事件で捕えられたあと獄死した。

《明治大学》

答え

答えを見る

 

タグ