• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【日本史】 切り取り過去問191

切り取り過去問 日本史

問題

 

(1)1588年に入城した加藤清正によって大きく改修された城は壮大さで知られたが,大小の天守台などは,1877年の( 5 ){(ア) 西南戦争 (イ) 秋月の乱 (ウ) 佐賀の乱}で焼失した。宇土櫓は,創建当時の遺構として現在,重要文化財となっている。
 この藩には,1632年に細川氏が入り,廃藩置県まで支配した。藩主細川重賢は,家老堀平太左衛門を登用して藩政改革を行い,財政を安定させるとともに,藩校( 6 ){(ア) 造士館 (イ) 明倫館 (ウ) 時習館}を創設し,人材育成を図った。

 

(2)この藩は,関ケ原合戦後の1601年,豊臣政権の五大老のひとり,上杉景勝が入城したことに始まる。越後春日山城以来の多数の家臣団を抱え,藩の財政状況はつねに厳しいものがあった。とくに江戸時代中期以降の財政難に対処するため,藩主上杉治憲によって財政の再建,( 7 ){(ア) 漆 (イ) 紅 花 (ウ) 人 参}・桑・楮の栽培奨励,絹織物の専売制などが実施された。戊辰戦争時には,奥羽越列藩同盟の中心として,( 8 ){(ア) 秋 田 (イ) 会 津 (ウ) 仙 台}藩を擁護する運動を起こした。

《関西大学》

答え

答えを見る

 

タグ