• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【日本史】 切り取り過去問150

切り取り過去問 日本史

問題

〔史料3〕 
第一条 
凡ソ事実ノ有無ヲ論セス,人ノ栄誉ヲ害スヘキノ行事ヲ摘発公布スル者,之ヲ讒(ざん)毀(き)トス,人ノ行事ヲ挙ルニ非スシテ,悪名ヲ以テ人ニ加ヘ公布スル者,之ヲ誹謗トス,著作・文書,若クハ画図・肖像ヲ用ヒ,展観シ若クハ発売シ若クハ貼示シテ,人ヲ讒毀シ若クハ誹謗スル者ハ,下ノ条別ニ従テ罪ヲ科ス

 

(1)前の史料は,1875年6月に出された太政官布告の一部である。この法令は名誉保護を趣旨とする特別法だったが,同じ日に公布された新聞紙条例とともに政府批判の言論を抑止する役割を果たした。この法令の呼称を記せ。

 

(2)この法令や新聞紙条例が公布された背景には,前年1月17日に板垣退助らが民撰議院設立建白書を提出し,翌日その全文がある新聞に公開されて以来,民権自由の言論や有司専制批判が,演説・新聞・雑誌などで活発化していたことがあった。この建白書を掲載した,イギリス人ブラックを社主兼主筆とする新聞紙名を記せ。

《同志社大学》

答え

答えを見る

 

タグ