• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【日本史】 切り取り過去問091

切り取り過去問 日本史

問題

(1)「筑後国風土記」逸文には,現在の福岡県八女市付近に,石人石馬の存在や別区(衙頭)をともなう特異な形状をもつ古墳のことが記されているが,岩戸山古墳のことと思われる。ここに葬られた人物は継体天皇の軍勢と戦ったことで知られているが,何という動乱か。

 

(2)「肥前国風土記」に,大伴狭手彦が朝鮮半島に出兵するとき,妻の弟日姫子が「此に登りて褶(ひれ)を用いて振り招」いたことに因んで,山の名が付けられたという褶振峯の地名起源説話がある。問7の動乱後に設置された那津官家を狭手彦が出発したのは537年のことだったが,同じ発音の,大王家の直轄地を何というか。

 

《西南学院大学》

答え

答えを見る

 

タグ