• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【日本史】 切り取り過去問085

切り取り過去問 日本史

問題

(1)ポツダム宣言に関する記述として,最も適切なものを次の中から1つ選びなさい。

① この宣言に加わった三カ国は,この宣言に先立って行われたポツダム会談において,ドイツの戦後処理問題についても討議していた。
② この宣言に先立って行われたポツダム会談に参加したアメリカの当時の大統領は,後にトルーマン=ドクトリンと呼ばれる,全ヨーロッパの復興援助計画を公表した。
③ この宣言の受諾を1945年8月14日に連合国に申し入れた鈴木貫太郎内閣は終戦と共に総辞職し,その後を継ぎ組閣したのが東久邇宮稔彦であった。
④ この宣言に基づき日本は連合国に占領されることになり,その占領は,1950年に行われたサンフランシスコ講和会議で調印された平和条約が発効する1951年まで続いた。

 

(2)GHQが政策を転換させた時期に関する記述として,最も適切なものを次の中から1つ選びなさい。 

① 1949年,李承晩を大統領とする韓国がアメリカの支援を受け,朝鮮半島の武力による統一をめざして北朝鮮に侵攻したことを契機として,朝鮮戦争が始まった。
② 朝鮮戦争が勃発した年に,中国では共産党が国民党との内戦に勝利し,毛沢東を主席とする中華人民共和国が成立した。敗れた国民党は台湾で,蔣介石を総統とする中華民国政府を存続させた。
③ 朝鮮戦争勃発と同時期に,第3次吉田内閣はGHQの指令に応じて警察予備隊を創設したが,旧軍人の士官以上が警察予備隊に採用されることはなかった。
④ 共産主義者の追放と共に,公職追放解除が始まった。これにより,鳩山一郎・岸信介といった政治家が政界に復帰し,吉田首相に対抗する勢力が拡大した。

 

《上智大学》

答え

答えを見る

 

タグ