• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【日本史】 切り取り過去問080

切り取り過去問 日本史

問題

(1)明治期に人々が集会を開く場合の規制,制約を説明した記述として適切でないものを次の中から1つ選びなさい。

① 帝国憲法は,法律の範囲内で集会・結社の自由を認めている。
② 集会条例は,自由民権派による国会開設運動の高揚に対処するために制定され,警察官は集会を解散する権限を与えられた。
③ 集会及政社法は,帝国議会開設前に集会条例を改正する形で制定され,内務大臣の結社禁止権をも定めている。
④ 治安警察法は,日露戦争後の労働運動の高揚に対処するために制定され,集会解散権,結社禁止権のほか,争議行為の煽動禁止をも定めている。

 

(2)桂伯爵を説明した記述として適切でないものを次の中から1つ選びなさい。

① 第1次桂内閣は日英同盟を結び,日露戦争を勝利させたが,日比谷焼打ち事件の数ヵ月後に総辞職した。
② 第2次桂内閣は日露戦争後の経済再建に努めるとともに,大逆事件のような社会運動弾圧を行い,韓国併合を強行した。
③ 第3次桂内閣は「閥族打破・憲政擁護」を掲げる第一次護憲運動によって,わずか53日で打倒された。
④ 桂は山県直系の軍部出身政治家として政友会の酉園寺と対立し,政党運動にはいっさい関わらなかった。

 

《成蹊大学》

答え

答えを見る

 

タグ