• Twitter
  • Instagram
  • LINE

日替り講座

日替り講座

【日本史】 切り取り過去問003

切り取り過去問 日本史

問題

(1)明暦大火後の江戸に関連して,正しい文章を以下より選びなさい。
ア.多額の江戸復興費は,後に側用人荻原重秀の上申で幕府が貨幣悪鋳を行なう一因となった。
イ.明暦大火は市街の大半を焼亡させたが,天守閣をはじめとする城郭施設は類焼から逃れた。
ウ.大火後,広小路や橋が造られるなど,市街地の大改造が行われ,市域が拡大した。
エ.徳川綱吉は,貿易利銀増加や国内の金銀産出量増加を背景にして,多くの寺社造営を行なった。

(2)近世初期の特権商人に関する説明として誤りの文章を以下より選びなさい。
ア.主に,いまだ交通体系が整備されない時期における地域間価格差の存在を利用して蓄財した。
イ.家康から渡航許可証を与えられて東南アジア各地と交易し,莫大な富を蓄積した者もいた。
ウ.三都の繁栄を背景に新たに登場した豪商で,両替商を営み幕府や藩の財政を支えた。
エ.彼らは堺・博多・京などに本拠を構え,なかには各地の河川舟運開発に貢献する者もいた。

《関西学院大学》

答え

答えを見る

タグ