問題

第二次世界大戦後のアメリカ合衆国に関する以下の設問について、選択肢の中から答えとして正しいものを選び、その番号を指定欄にマークしなさい。

(1)ベルリン危機(1958-1961)において何が起きたか。
1 アイゼンハウアーが解決のためにウィーンでフルシチョフと会談した。
2 多くの知識人・若者などが東ベルリンに逃亡した。
3 ベルリンの壁が崩壊した。
4 ソ連が西ベルリンの東ドイツ移管を狙う提案を行った。

(2)ジョンソン大統領が1965年に北ヴェトナムへの爆撃を命じてヴェトナムへの本格介入を開始したのはなぜか。
1 アメリカが支持する南ヴェトナムの政情が、解放戦線やそれを支援する北ヴェトナムによって脅かされていたから。
2 トンキン湾で米駆逐艦が北ヴェトナム軍から魚雷攻撃を受けたから。
3 枯れ葉剤やナパーム弾の大量生産が可能になったから。
4 国土が北と南に分断されているのは、その民族にとって悲劇であるから。

(3)ニクソン大統領が金とドルの交換を停止した結果として起きたことではないものは何か。
1 国際経済が流動化した。
2 変動相場制が一般化した。
3 円安が急激に進んだ。
4 ブレトン―ウッズ体制が崩れた。

《東京理科大学》

答え

答えを見る