問題

(1)室町幕府は地方武士を統括する守護の権限を大幅に拡大した。従来の大犯三カ条のほかに,「自分の領有権を主張して一方的に他人の作物を刈り取る行為」を取り締まる権限が新たに守護に与えられたが,この守護によって取り締られた行為を何とよぶか。

1 加徴米 2 刈田狼藉 3 使節遵行 4 刈敷

 

(2)室町幕府の財源は,主に御料所からの収入であったが,それだけでは不足し,幕府は財源確保のためにさまざまな税を課した。そのなかで主に寺社の修築など公的行事をまかなうために家屋に賦課された税は何か。

1 棟別銭 2 抽分銭 3 土倉役 4 関銭

 

《西南学院大学》

答え

答えを見る