問題

(1)1910年代の美術に関する説明として不適切なものを,次のA~Eの中から1つ選べ。

A 二科会は,官設の文部省美術展覧会(文展)に対抗して1914年に創設され,安井曽太郎・小出楢重らが参加した。
B 1914年,日本美術院(院展)が再興され,横山大観・下村観山・前田青邨らが日本画の近代様式を追究した。
C 日本画・洋画・彫刻の三部門をもつ文部省美術展覧会(文展)は,1919年に帝展とあらためられ,鏑木清方・川合玉堂・竹内栖鳳らが活躍した。
D 春陽会の岸田劉生や国画会の梅原竜三郎らは,二科会とともに洋画界に新風を送った。
E 彫刻は塑像から木彫りが主流となり,朝倉文夫や高村光太郎らがすぐれた作品を生みだした。

 

(2)プロレタリア文学を代表するもので,転向をせまられ,拷問のすえに亡くなった作家とその作品の組合せとして最も適切なものを,次のA~Fの中から1つ選べ。

A 作家:小林多喜二 作品:『太陽のない街』
B 作家:葉山嘉樹 作品:『太陽のない街』
C 作家:徳永直 作品:『太陽のない街』
D 作家:小林多喜二 作品:『蟹工船』
E 作家:葉山嘉樹 作品:『蟹工船』
F 作家:徳永直 作品:『蟹工船』

 

《神戸学院大学》

答え

答えを見る